一括が駄目なら分割もあり?分割払い前提のクレジットカード現金化は出来る!

クレジットカード現金化の際には指定商品をお手持ちのクレジットカードを使って購入する事になりますが、その際に気になるのが決済方法です。
一括決済だと返済が難しいので分割払いは出来ないのか?は特に気になるポイントです。
今回はクレジットカード現金化を分割払い前提での利用を考えている人向けてクレジットカード現金化における分割払いについて解説していきましょう。

クレジットカード現金化を分割払いで利用するのは問題無し

結論を先に出しますが、クレジットカード現金化は分割払いの利用もOKです。
大手クレジットカード現金化で購入する商品は指定はあれど一般流通の商品と基本的に代わりなく、決済方法も変わりません。
一括で問題無ければ一括で決済しても良し、一括だと返済が難しいなら分割で支払い可能な回数に分けて決済しても問題無しです。
業者の中には一括以外の利用もOKと告知して利用しやすさをアピールしており、クレジットカード現金化を分割払いで利用しても良いのです。
また、リボ払いも分割払いと同様に決済方法として利用可能なので、リボ払い前提の現金化も業者的にはOKです。

手続きは自分でやらないといけないが、分割払いに変更する事は可能

決済では一括にしたけれど別の用途でカードを利用した結果、返済が一括だと難しくなってしまう場合もあります。
カード会社では返済方法の変更サービスが用意されているので、一括返済からの変更は可能です。
現金化での利用であっても変更は可能なので、一括が難しいと判断すれば分割に変更は出来ます。
但し、注意点として変更は可能と言っても期限内に手続きをした場合に限ります。
期限内に出来なければ一括での返済となり、返済出来なければ一時的なカード利用停止等のペナルティーを受ける事になります。
返しきれなければ強制解約も当然あり得るので、どんなに遅くても変更可能な期限内には手続きを終わらせておきましょう。

リボ払い専用のカードでも現金化は出来る

クレジットカードの中には一般カードに比べて審査も厳しくなくて作りやすい代わりに、リボ払いで固定のリボ払い専用のクレジットカードもあります。
こちらのカードを使って現金化する事は可能ですが、リボ払い専用とある以上は決済の時点で一括で利用しても返済は自動的にリボ払いとなります。
自動的にリボ払いとなるのでリボ払いへの変更手続きは必要ありませんが、ご利用残高次第では現金化が切っ掛けで支払い金額が自動的にアップしてしまう可能性もあります。
返済金もアップしてしまうと返済に支障を来たす可能性も高くなるので、リボ払い専用カードを使って現金化をする際にはご利用残高の確認もしておきましょう。

臨時返済サービスの利用も視野に入れておくと返済も楽にはなる

クレジットカードの返済方法の中にはご利用残高を全額もしくは一部の金額を臨時で返済出来るサービスも用意されています。
こちらを使えば返済期間を短縮させる事も出来るので、現金化で利用した分の返済も早めに終了させる事も可能です。
利用方法も事前に手続きした上での口座振替や手続き不用で当日中にコンビニATMからの入金等が用意されているので利用も簡単です。
しかし、こちらのサービスは本来の返済とは別物として扱われており、返済日当日までに返済金も用意しておく必要はあります。
あくまで臨時の返済にも対応していると言うだけなので、本来の返済日に返済する現金も既に用意した上で利用しましょう。

まとめ

クレジットカード現金化では一括以外の利用も出来ます。
分割払いを前提とした現金化も問題無いですが、利用した後の返済も考慮した上で利用しないといけないのは一括での利用と同様です。
幸い、カード会社では返済回数の変更や臨時返済等の無理なく返済が可能なサービスも用意されています。
利用金額にもよりますが、返済終了まで時間は掛かるけど無理なく払える分割払いでの現金化も選択肢として悪くないでしょう。